自社記事 2017/02/27
『ロジスクエア守谷』都内まで実際どれくらいの時間がかかる?!
~実際に守谷から日本橋までの所要時間を計測してみた!~

こんにちは! 株式会社シーアールイー マーケティング部の堀越です。

今後不定期ではありますが時折、自社開発物件を訪れ、記事としてお伝えしていく予定です。


第一弾はこちらになります!!

現在、建設中の ロジスクエア守谷 に訪ねてみました!

茨城県に建設中の 「ロジスクエア守谷」を、皆様は御存知でしょうか?

守谷-都内間の車での所要時間は?現地の周辺環境は?という視点で、実際に行って目で見て確かめてみてきました。

まだ、ご存じでない方のため、ロジスクエア守谷のご紹介をさせていただきます。



ロジスクエア守谷のご紹介

場所: 茨城県守谷市松並地区

種類: 倉庫・事務所

構造: 2階建・鉄骨造・耐震

賃貸床面積: 合計/9,978.96坪 (1F:5,002.09坪 2F:4,976.87坪)

竣工日: 2017年5月末予定

トラックバース: 北面/ピロティ+庇(30台接車可)  東面/庇 (11台接車可)

交通(車): 常磐自動車道「谷和原IC」から約2.0km 常磐自動車道から圏央道にもアクセス可能

交通(電車):守谷駅から約1.3km(つくばエクスプレスの快速で秋葉原から最短32分) 新守谷駅から約1.0km

駐車場: 乗用車82台 軽自動車4台 (トラック待機所)大型車7台 4t車3台

その他: 有効天井高6.0m 倉庫部分床荷重1.5t/㎡




ロジスクエア守谷は、弊社が開発する2017年5月末竣工予定の大型物流施設です。

新守谷駅から徒歩圏の物件で、2階建て2面バースの倉庫で使い勝手が良さそうです。

ロジスクエア守谷の建設地茨城県を含む首都圏の大型物流施設は、現在建設ラッシュが続いています。

また、2017年以降も大型物流施設の建設が予定されています。


交通面では、圏央道の「境古河IC」から「つくば中央IC」間が 2017年2月26日に開通し、東京都から放射線状に伸びる東名高速道路、

中央自動車道、関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道、東関東自動車道の6つの高速道路が圏央道で結ばれます。

ロジスクエア守谷があるエリアは、渋滞の多い首都高を回避したルートの選択などのメリットが出てきそうです。

圏央道が今後、全線開通することも一要因として近年、守谷が位置する内陸エリアにも、特に注目が集まってきているように感じます。



前書きが長くなりましたが、ここからは、実際に行ってみた様子をレポートさせていただきます。

まず、実際に訪れたルートを紹介させていただきます。

スタートはもちろんロジスクエア守谷からスタートです。

検証日は、春一番が吹いた2017年2月中旬です。



常磐自動車道~首都高速道路で日本橋を目指します。運転手は堀越、撮影は助手席の方にお任せします。

14時20分:ロジスクエア守谷よりスタートします。天気は快晴!絶好の検証日よりです。



14時24分:新守谷駅南口交差点を右折。 (目印としてファミリーマートが道路向かいにあります。)

14時26分:谷和原IC入口。



14時26分:谷和原ICを東京方面に向かいます。

14時30分:常磐自動車道走行中。利根川を渡ります。



14時38分:三郷料金所です。渋滞もなくスムーズに来ています。

14時42分:三郷JCTを通過。首都高速道路方面に向かいます。



14時46分:八潮料金所手前です。若干交通量が増えてきた印象です。

14時55分:首都高速道路に入り、都内に入ります。



15時02分:小菅JCTを湾岸線方面に向かいます。

15時03分:堀切JCTを銀座方面に。



15時03分:両国 JCT。合流が多いため若干低速走行になりました。合流後はスムーズに。



15時13分:江戸橋 JCTを神田橋・北池袋方面へ。

15時13分:呉服橋出口で降ります。出口を左折し直進すると…


15時16分:日本橋に到着しました!!所要時間は56分でした。


まとめ

今回、ロジスクエア守谷の現地から、日本の中心地 日本橋まで移動した結果、所要時間は「56分」という1時間かからない結果となりました。

道中、八潮料金所や両国JCTでは合流などによる混雑が若干あったものの、守谷から日本橋までストレスなく移動することができました。

大型物件の開発が進んでいる柏市沼南地区よりも時間がかからないため、茨城県南部・千葉県北部で、貸し倉庫・物流センターをお探しの方はロジスクエア守谷を、是非ご検討いただけると幸いです!!

※ 交通状況により所要時間が変わる場合があります。


次回予告

ロジスクエア守谷は、立地がら昨今の物流の最重要課題である「労働力確保・人手不足」にも優位性を持った物流施設となっています。次回は、優位性のある周辺エリアをテーマに記事を投稿させていただく予定です。

もし、ロジスクエア守谷にちょっとでもご興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。

事前連絡をいただければ内見も可能です!!


あとがき

ロジスクエア守谷から日本橋に行くまでの記事でしたが、今後はもっと内容を充実させ、様々なモノを取り上げたいと思っています。

初めての記事で読みにくい部分もあったかと思いますが、これからも続けていくので暖かく見守っていただけばと思います。







TOPへ