●連載●資産活用 〜LEDの設置について〜

当社で倉庫オーナー向けに発行している冊子「創」からコンテンツ掲載しています

水銀灯がなくなる?

環境汚染という観点から、水銀灯の使用を見直す動きが加速し、LEDへの切り替えを検討する施設が増えてきました。2020年以降には水銀灯が手に入りづらくなることも考えられますので、LED照明への切り替えは早めのご検討をお勧めします。LED照明の寿命は 10年前後と言われていますので、商品選定も慎重に行いたいところですが、比較検討も難しくなっておりますので、ご検討の際は是非弊社までご相談ください。

今交換しない場合もあらかじめ費用を算出しておくことで、いざ、という時にスムースに進められると思います。

例)300坪の倉庫の場合 

設置数:16台 
設置費用:1,330,000円(器具のみ)
※LEDメーカーは国内メーカーを想定

LED 設置費用を太陽光で稼ぐ!

LED照明は 性能的にも優れておりますが、オーナー様にとっては安くなった電気代の恩恵は受けられず、設備投資だけがかかってしまう事になります。

そこで、ご提案しているのが、太陽光発電設備を設置し、売電収入をLEDの設置費用や、今後の建物の修繕費等にご利用いただく方法です。太陽光の全量買取制度は 6年目を迎え、今年度の電力買取価格は、 1キロワットあたり 21円と、制度開始時の 40円からは、約半額にまで落ち込んでしまいましたが、設備機器のコストダウンもあり、まだまだ収益を確保することができる事業です。経済産業省への認定申請など、権利取得のための手続きが複雑になってきましたが、倉庫の屋根への設置は、取付工事も、事業開始後の管理も比較的容易で、使われていない屋根で収益を生み出す効果的な事業と言えます。

20年間という長期にわたって、電力買取単価が固定される制度なので、安定した収益が見込めるため、そこで得た収益で、外壁塗装などの建物維持管理や、LED設置費用を賄う事が出来ます。

低圧太陽光の設置推奨条件

■屋根の広さ 150坪以上
■ハゼ式折板屋根
■築年数 25年以内

太陽光を設置した場合のメリット

■長期の安定収益の確保
■屋根面の保護と建物内環境の改善
■建物の維持管理の財源確保

WEB問合せ 貸したい、土地活用したい、売りたいお客様はコチラから

┏┓
┗■ご興味のある方はお気軽に、各担当または資産活用部までご相談ください。
電話:03-5572-6603
窓口:資産活用部

この連載記事は、当社で発行しているオーナークラブ通信「創」から掲載しています。

文章の内容は発行当時のものです
発行日:2018年1月

物流・倉庫に関する お役立ち情報

ロジスクエアで物件をお探しの方へ

ロジスクエアでは業界トップクラスのネットワークを活用し、
経験豊かなプロフェッショナルが、お客様のご要望に合わせた物件情報のご提案、物件探しをご支援します。

  • メールでお問合せ
  • 電話でのお問合せはこちらから

    TEL : 0120-007-521

    (携帯電話・PHSからもご利用いただけます)
    営業時間 : 午前9時から午後6時まで (平日のみ)