ロジスクエア春日部

2018年6月竣工の地上3階建て、約6,712坪の物流施設。

埼玉県春日部市に位置する『ロジスクエア春日部』は、4,132.79坪の敷地に地上3階建て、延床面積6,712.35坪の大型物流施設です。

主要幹線道路である国道16号線と国道4号線(越谷春日部バイパス)に程近く、両国道の交差部分である「庄和IC」より約1.8kmに位置しています。

接道する都市計画道路藤塚米島線(幅員16m)の全線開通により、主要幹線道路へのアクセスが飛躍的に向上し、物流施設としてのロケーションは良好です。また東武アーバンパークライン「南桜井駅」より約1.1kmと徒歩圏内にあるため、雇用確保においても優位な立地です。

概要

所在地 埼玉県春日部市永沼
交通 春日部バイパス「庄和IC」より約1.8km
東武アーバンパークライン「南桜井駅」より約1.1km
建物構造 RC造+S造 (3 階のみ柱 S造)
地上3階建て
敷地面積 13,662.13㎡(4,132.79坪)
延床面積 22,189.59㎡(6,712.35坪)
用途地域 なし
主要用途 倉庫(倉庫業を営む倉庫)
着工 2017年6月
竣工 2018年6月

交通アクセス

東北自動車道「岩槻IC」より約15.0km、「浦和IC」より約14.0km。前面道路は幅員16mあり、国道4号線へ約400mでアクセスが可能です。

敷地内外の渋滞緩和のしくみ

1 階のトラックバースを北側・東側の 2 面に、計 26 台分のトラック接車バースを設けています。また、場内出入口は入口専用、出口専用の計 2 ヵ所のゲートを設け、敷地内車両動線をワンウェイにすることにより、トラック車両の渋滞や接触事故の防止に配慮しています。

使い勝手に配慮した有効高・床荷重

床荷重は 1.5t/㎡、有効高さは各階 6.0m 以上を確保しております。

昇降設備

荷物用エレベーター(積載荷重 4.1t、45m/min)を 2 基、垂直搬送機 3 基を実装し、スピーディ且つ効率的な庫内オペレーションの実現を可能としております。また各階に2 か所の将来コンベア貫通用床開口を想定した構造設計を採用し、将来的に上下階に跨った縦搬送マテハン設備の設置を可能としております。垂直搬送機やドッグレベラーの増設対応はもちろん、倉庫内空調用の配管ルートや室外機置場・キュービクル増設スペースなどの確保など入居テナントの将来ニーズを含めた様々な物流ニーズに対応し得る汎用性の高い施設となっています。

室内壁種類

倉庫内の防火区画壁には断熱性・耐震性・美観に優れ、倉庫業法で定められた壁強度を有する耐火断熱パネルを採用し、ブレース(筋交い)や間柱を無くす事で保管効率を高める設計にしました。

将来対応も考えられた構造設計

各階に2か所の将来コンベア貫通用床開口を想定した構造設計を採用。テナント入居時の各階に跨った縦搬送マテハン設備の設置を可能とするなど、テナントのイニシャルコストに配慮し、あらゆる庫内レイアウトの設定にも幅広く対応が可能となっています。

環境対策

環境対策としては、全館 LED 照明、人感センサー、節水型衛生器具の導入、さらに屋根全面に出力 0.84 メガワットの太陽光発電設備を設置することにより、CASBEE 埼玉県の A ランク認証及
び BELS 評価(★★★★★ファイブスター)※2を取得しており、第三者機関の認証により環境や省エネルギーに配慮した施設であることが評価されております。

BCPへの配慮

また、当社開発物件の標準装備である緊急地震速報システムの導入及び AED の設置、さらに非常用電源供給装置※3や、万一の火災時における延焼拡大防止対策として自動火災報知設備に断路器を設置することで、入居テナントの BCP(事業継続計画)への配慮も行っております。

トピックス

2018年06月29日(金) プレスリリース 物流施設「ロジスクエア春日部」竣工
2017年07月12日(水) プレスリリース 物流施設「ロジスクエア春日部」着工
2017年03月30日(木) プレスリリース 物流施設「ロジスクエア春日部」開発に着手

開発物件一覧

テナント募集中

開発実績