ロジスクエア三芳

2020年6月末竣工予定の地上4階建て、約12,000坪 予定の物流施設。

『ロジスクエア三芳』は、18,807.19㎡の敷地に地上4階建て、延べ面積40,752㎡の大型物流施設として開発する予定で、2020年6月末の竣工を予定しております。

概要

所在地 埼玉県入間郡三芳町
交通 関越自動車道「所沢IC」から約5.4km
建物構造 鉄骨造/地上4階建て
敷地面積 18,807.19㎡(5,689.17坪)
延床面積 40,752㎡(12,327坪) 予定
用途地域 市街化調整区域
主要用途 倉庫(倉庫業を営む倉庫)
着工 2019年3月28日
竣工 2020年6月末 予定

倉庫部分の基本スペック(2019年3月時点)

外壁 金属断熱サンドイッチパネル
床荷重 1.5t/㎡(2.0t フォークリフト対応可)
有効高さ 各階5.5m(一部除く)
平均照度 300ルクス以上
荷物用EV 4.1t×4基
垂直搬送機 4基
将来対応 ◇荷物用エレベーターと垂直搬送機、ドックレベラーの追加設置
◇事務室の増設
◇倉庫内の空調機設置
環境対策 ◇BCP対応のサポート
◇全館LED照明の採用
◇人感センサー、節水型衛生器具の採用
◇CASBEE埼玉県のAランク認証及びBELS評価
参考1 BELS評価とは、国土交通省が推進している建築物の省エネルギー性能を評価・表示する統一的な公的指標であり、Building Energy-efficiency Labeling Systemの略語です。 建築物省エネ法の表示制度のページ(国土交通省)
参考2 BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)について(一般社団法人 住宅性能評価・表示協会)

交通アクセス(広域)

関越自動車道「所沢」インターチェンジより約5.4kmに位置し、国道254号線(川越街道)、国道463号線(浦和所沢バイパス)へのアクセスも容易です。

交通アクセス(詳細)

本開発予定地から0.6kmに位置する「三芳」スマートインターチェンジは、フルインターチェンジ及び車種拡大への新規事業化が決定されており、連結する周辺道路を含めた整備事業が推進されております。

参考3 「フルインターチェンジ」とは?
一般道との連絡のために高速道路の途中に建設されるインターチェンジのうち、上り線出口・入口、下り線出口・入口の4つの出入口が備わったもの 【PDF】国土交通省(スマートインターチェンジの新規事業化・準備段階調査について)
参考4 三芳町ホームページ(三芳スマートICフル化整備)

開発予定地

市街化調整区域内に立地しておりますが、都市計画法第34条12号の区域指定により、適法に賃貸用物流施設の開発が可能であり、倉庫業法に基づく営業倉庫登録も可能です。

なお、本開発予定地は2017年11月に取得した開発用地(14,070.55㎡)と2018年12月に取得した南側隣接地(4,736.64㎡)を一体化して上記区域指定を受けております。

参考5 都市計画法第34条第12号の区域指定(三芳町)

施設マスタープラン

ワンフロアが約2,980坪、3階部分へ大型車両が直接乗り入れ可能なスロープを設け、トラックバースを1階及び3階に備えるマルチテナント型施設です。1階及び3階のトラックバースは大型トラック計44台が同時接車可能となっており、8台分の待機スペースと合わせて、効率的な入出庫オペレーションを実現します。なお、テナント区画としては最小で約2,490坪からの分割が可能となっており、最大で4テナントの入居を予定しております。

トピックス

2019年03月28日(木) プレスリリース マルチテナント型物流施設「ロジスクエア三芳」を着工
2017年12月05日(火) プレスリリース 埼玉県入間郡三芳町で物流施設開発用地を取得

開発物件一覧

テナント募集中

開発実績