スタッフコラム

庫内作業効率が変わる!良い倉庫の条件とは?/物流不動産専門のシーアールイーが考察

執筆の背景

執筆の背景

シーアールイーは物流不動産を専門とする不動産事業者である。筆者は物流施設を利用する企業へ市場動向を提供する傍ら、物流課題や施設への要望を伺っている。というよりも寧ろ興味をもって師事している。この経験から “良い倉庫”のイメージを育んできた。

ロジスクエア狭山日高(以降、LS狭山日高)は、まさに筆者がイメージする良い倉庫であり、物流施設を利用する方々へ広く認知していただきたく志願して執筆に至った。紙面の都合上、言い切りになっているが、全て師事からの私見であり、推察であることを了承いただきたい。

良い倉庫とは

倉庫の評価基準を立地と施設に大別すると、LS狭山日高の賃貸区画は施設として秀逸である。

そもそも立地への要件は、ビジネスモデルで大きく異なる。理由はバリューチェーンの違いにある。同じネット通販事業者においても、自社で配送網を構築する企業は物流需要地への近接を好む。宅配事業者へ全て委託する企業は、宅配システム上で同じ料金・リードタイムの範囲で安価な拠点とコントロール可能な労働力を求める。

施設は、天井高や床荷重など状況で異なる要件もあるが、“ワンフロア・昇降設備なし”という基本要件は広く好まれる。制約が少ないことから、能率が高いオペレーションを効率良く実現できるからだ。LS狭山日高は1F・ワンフロアで賃貸倉庫内に昇降設備はない。面積は需要の多い約2,000坪で奥行は深すぎず横長のランドスケイプとまさに筆者がイメージする良い倉庫に近い。

多層階・昇降設備に起因する制約

以降では、多層階および昇降設備に起因した代表的な制約や懸念事項を示すことで、ワンフロアの有用性を確認したい。そもそも多層階とワンフロアでは同じ面積であっても有効面積が大きく違うことも感じ取って欲しい。

1階で縦持ち搬送待ちの仮置き場が増大

ワンフロアでない場合、保管場の多くは2階以上に配置され、エレベーター(以降、ELV)などの昇降設備を経由して縦持ち搬送される。ELVを経由する縦持ち搬送を試算(図①ELVの縦持ち搬送)して、1方向で18パレット/時間と仮定した。10トン車は11型パレットを16枚積載できる。1時間に2台の10トン車が納品すると、縦持ち搬送を待つ在庫が生じて仮置き場が増大する。

ELVの能率を確保する為に多くの資産と高度なプロセス制御

現場に求められる能率は時間帯で異なる。最繁忙の時間帯はELVを最高能率で利用したい。ELV前にほぼ専用のフォークリフトとフォーク作業者を配置すると伴に、搬出在庫を切らさないよう仮置き場を確保する。

また、搬出のタイミングに合わせて、限られた搬出仮置き場へ優先度を考慮した出荷品の補充が求められる。搬入在庫の仮置き場も然り。昇降設備を最大能力で活用する為、多くの資産と高度なプロセス制御が必要になる。

フロアを超えた同梱の制約

輸配送費を削減する為、あるいは物流サービスとして同梱処理が要求される。路線便や宅配便を利用する場合、個口数が少ない方が安価になる。また、小売店や工場からは、後工程の作業効率化を目的に、陳列グループや製造ライン別に出荷品を同梱するサービスが求められる。

ところが、フロアを超えた同梱処理は難しい。バラ荷姿はELVの搬送荷姿に適さないからだ。陳列グループやラインの変更に合わせて、在庫配置を変更する事は容易でない。

また、フロア毎に同梱機能を重複配置することは非効率でもある。

ワンフロア・昇降設備のない施設は制約が少ない

極めて一部ではあるが、多層階に起因した課題を前述した。ワンフロア・昇降設備がない施設では、これらの課題はほぼ関係がない。それどころか、より能率や効率を向上する施策が容易にうてる。例えば、後工程への単純搬送はシンプルAGVにスイッチすることで、人的労働力を高付加価値な作業へ集中できる。また、リアルタイムWMSの浸透に伴い導入が活性化しているクロスドックも、ワンフロアならばトランシップ だけでなく、フロースルー の導入も可能になる。輸配送途上での荷併せ(マージ・イン・トランジット)を構築することで、緩動品や高付加価品の集約・オンデマンド分配を実現して在庫の削減が期待できる。

終わりに

ロジスクエア狭山日高

物流技術とLogistics ITが発達した現在、制約のない施設があれば、能率が高いオペレーションを効率よく実現することは難しくない。物流費に占める施設費の割合は小さく、輸配送費や人件費の方が割合は大きい。施設費を単体で削るよりも、投資が増えても使いやすい施設を利用することで、他の大きな費用を削減する方が物流費は削減できる。

LS狭山日高の賃貸区画は、1F・ワンフロア・昇降設備なし・需要の多い2,000坪・横長ランドスケイプと筆者がイメージする良い倉庫に近い。綺麗なカフェテラスや駐車場も数十台完備している。

ぜひ現地で視察をして、使い勝手を創造して欲しい。そして、お気づきの点があればご指導いただきたい。本稿を機会に多くの方へ師事する機会に恵まれることを願う。

前述にてワンフロアの優位性を記載してきたが、塵埃を嫌う荷物、フロア毎にオペレーションを分ける、等、用途によって多層階を選択するユーザーが多くいることも、物流施設の奥深さである。
次回以降で多層階施設の良さについても、執筆したいと思う。

ロジスクエア狭山日高

募集詳細 募集区画の詳細ページはこちら
物件紹介 ロジスクエア狭山日高を動画でご紹介中!

物流・貸し倉庫に関する お役立ち情報

CRE倉庫検索で物件をお探しの方へ

CRE倉庫検索を運営するシーアールイーでは、業界トップクラスのネットワークを活用し、
経験豊かなプロフェッショナルが、お客様のご要望に合わせた物件情報のご提案、物件探しをご支援します。

電話でのお問合せはこちらから

TEL : 0120-007-521

(携帯電話・PHSからもご利用いただけます)
営業時間 : 午前9時から午後6時まで (平日のみ)

ページの先頭へ